飯島愛・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯島愛 スピリチュアルの江原啓之さんにも


飯島愛の死因については、本当は分かっているのだけど何らかの事情で公表できないとか、相変わらず色んな憶測が飛び交っています。

飯島愛は美容整形のことも含め、いろんな心の傷を負っていたことがわかりますね。
テレビではあんなに奔放そうだったのに。

 2008年クリスマスイブ、飯島愛の死亡ニュースが駆けめぐった。彼女も美容整形体験者である。カムアウトするタレントが少ない中、自伝『プラトニック・セックス』(小学館/2001年発売)の中で、家出、援助交際、AV出演とともに、美容整形の告白もしている。

 借金返済、ニューヨーク行きのため、お金のためと割り切ってAV女優になると決めたとき、「その前に、これでキミをもっと磨いてよ」「お化粧と同じよ。お化粧してキレイになるんだったら、した方がいいでしょ。あなた、整形してもっとキレイになって。その方が売れるわよ」とプロダクションの社長から200万円手渡された。

 芸能界も同じく「もっと磨いてよ」「売れるよ」と言われ、ごく自然に顔を変える世界なのだろう。

飯島愛はブログでも美容整形について書いていましたね。続きを読む
スポンサーサイト

飯島愛 精神疾患をブログで告白


飯島愛が病院に搬送されたのは、午後4時半ごろだったとか。同じマンションの住人が目撃したところによれば、周りの人たちが大声で呼んでも答えはなく、苦しそうな表情で顔色も良くなかった、とのこと。
亡くなってから数日は経っていたと見られています。

昨年3月にタレント活動から引退した飯島愛さんが、東京・渋谷の自宅マンションで亡くなっていたことが明らかになった。警視庁によると、事件性はなく、自殺と病死の両面で調べを進めているという。

トップAV女優から転身後、自伝的著書「プラトニック・セックス」(2000年)のベストセラーやバラエティ番組のコメンテーターの経験などを経て、「タレント」としての独特のポジションを築き上げた飯島愛さん。その歯に衣着せぬ言動の数々は同性からも支持を集め、「AV出身」という事実を忘れさせるほど、「タレント」としての存在感は際だっていた。でも、人気絶頂の最中に、腎臓の病気による「体調不良」を理由に芸能界を引退している。

引退後、伝わってくる近況は専ら公式ブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」に掲載される情報程度だったが、今年2月24日に更新されたエントリー「病んでたよ。」ではノイローゼにかかっていたことを告白。「この2ヶ月ほど、軽いノイローゼで大変でした。精神疾病です。抗うつ剤を処方されたので凹みました。抗うつ剤なのに」「さらっと書きましたけど……いやー、キツかったです」「大げさに悩む必要はないケド……人間ドックの様にメンタルケアーも大切だと知りました」と、精神的に不安定だったことも明かしていた。続きを読む
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。