浅尾美和・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅尾美和はやっぱりビキニがいい?


浅尾美和、北京五輪ではキャスターとして連日テレビで忙しそうでしたが、あれで逆に評価を下げてしまったとか。ビキニ姿ではない浅尾美和も逆に新鮮に見えたんですけどね。

やっぱり、水着じゃないと厳しいか。“ビーチの妖精”こと浅尾美和(22)が北京で評価を落としている。

 ビーチバレーで北京五輪出場を逃した浅尾は、日本テレビの五輪中継キャスターとして現地入り。ビーチバレーを中心に競技をリポートしている。しかし、気の利いたコメントをすることはほとんどなく、ただ「頑張ってほしいです」などと“応援”するだけ。まるで存在感がない。

「浅尾にはアスリート視点の解説やコメントが期待されていましたが、完全に“お飾り”になっています。しかも、露出の少ない白いブラウス姿ばかりで華がなく、単なる日焼けしたOLにしか見えません。美人スポーツキャスターとして期待していたテレビ局はガックリです」(テレビ関係者)続きを読む
スポンサーサイト

浅尾美和、悔しいけれど・・・。思い返せば


浅尾美和、調子よさそうだったんですけどね。惜しいところで逆転負けです。残念でしたね。浅尾美和フィーバーも思い返せば、今年はシーズンが始まったと同時にカメラ小僧対策で撮影禁止とか、警察出動とかにぎやかでしたよね。浅尾美和、まだまだ先はながいよ。

“ビーチバレー界のアイドル”浅尾美和、3ヶ月ぶりの国内復帰戦は悔しさイッパイの逆転負け。国内チームとの争いであと一歩、踏み出すことができなかった。23日、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で開幕した「マスターカードマーメイドカップ」(日本トップ4チームの女王決定戦)に出場した浅尾美和/西堀健実(ともにケイ・ブロス)組。“女豹ペア”と称される浦田聖子/鈴木洋美(レオパレス・ウィンズ)組にフルセット・デュースの末に敗北。悔しい思いを残したまま初日の試合を終えた。続きを読む

浅尾美和にブス化計画!?盗撮との関係は・・・


浅尾美和、宮崎で行われていたビーチバレージャパンツアー第3戦、霧島酒造オープン最終日の結果も3位で終了でした。健闘したとは思うのですが、浅尾美和への期待の現われでしょう。日本ビーチバレー連盟会長、川合俊一から性格ブス化の指令が出たとか。見た目とか、盗撮対策とかいう話ではなかったので一安心。

期待の浅尾美和(21)・西堀健実(25)=ともにケイブロス=組は、女子準決勝で田中・小泉組にストレートで敗れ、またも3位に終わった。真っ正直すぎる戦法を変えるため、川合俊一・日本ビーチバレー連盟会長(44)から浅尾に“性格ブス化”の指令が飛んだ。女子は佐伯美香(35)=ダイキ=・楠原千秋(31)=ベルマーレ=組、男子は白鳥勝浩(30)=ベルマーレ=・朝日健太郎(31)=フリー=組が優勝した。

 第2セットこそ中盤でリードしたが、ミスから逆転を許し、力尽きた。最後はライン際にスパイクを落とされジ・エンド。浅尾は、またも3位の壁に阻まれた。「もうちょっとできたと思う」涙はないが、悔しさをにじませた。続きを読む

浅尾美和 盗撮禁止の原因はアイコラ?


浅尾美和に湧いたGWのビーチバレー・ジャパンツアー。浅尾美和のあまりの人気ぶりに、撮影禁止令まで出されたほどでした。禁を破って、連行者まで出たようですね。屋外での撮影なのに、禁止ってやりすぎでは?と思っていたのですが・・・。原因はどうも、浅尾美和のアイコラ?

東京・お台場ビーチであったビーチバレーの国内ツアー第2戦東京オープンで2007年5月4日、禁止された一般参加者の写真撮影を巡りトラブルがあった。一部の報道では、男性が警察に「連行」される騒ぎになったそうだ。浅尾美和選手を中心とする女子ビーチバレーフィーバーぶりが背後にあるが、一般人の写真撮影はどこまでいけないことなのか。

ツアーを主催する日本ビーチバレー連盟は、今季から一般客の写真撮影を禁じた。選手の写真がネット上や雑誌などへ無断掲載されるのを防止、肖像権を守ることが主な目的だ。浅尾選手の人気加熱ぶりに警備員を昨年の2倍の約50人に増員して臨んだ。続きを読む

浅尾美和 ビーチバレーの妖精はセクシーで強かった!!


浅尾美和のおかげですね。かつてここまでビーチバレーが盛り上がったGWがあったでしょうか。禁止されているのを強行撮影して警察沙汰もすでにあったようです。浅尾美和の、ビーチバレーの妖精ぶりもあらためて、すごいものがあります。

浅尾フィーバーがお台場独占!! ビーチバレー界のアイドル、浅尾美和(21)・西堀健実(25)=ケイブロス=組は準々決勝で梁川友紀・菅原和子組(フリー)を2−0で下し、ベスト4進出を決めた。会場は1000人を超えるファンと134人の報道陣が殺到して“お祭り騒ぎ”に。社長兼監督の川合俊一氏(44)は、優勝すれば2人の給料大幅アップを約束。ツアー初優勝に向け、6日の準決勝でヒョウ柄ユニホームの浦田聖子(26)・鈴木洋美(28)=ウィンズ=組と初激突する。

 浅尾スマイルが都心の砂浜で何度もはじけた。第1シードの浅尾組は2回戦を危なげなく突破すると、準々決勝もストレート勝利で4強入り。浅尾はポイントを取るたびに「ナーイス!」と叫んでガッツポーズ。「2勝で残れて本当にうれしいです」と、大きな瞳をキラキラ輝かせた。続きを読む

浅尾美和、やっぱり生で・・・


浅尾美和、あまりの人気にGWは警備強化、例年の倍だそうです。ビーチバレーをわざわざ生で見たい、という人も実際増えてはいるんでしょうが、やっぱり生で浅尾美和を見たい!!ですもんね。しかし、浅尾美和ひとりでビーチバレー界、よくここまで盛り上がりました。

 ビーチバレー界のアイドル、浅尾美和(21)=ケイブロス=が出場するジャパンツアー第2戦東京オープン(6日決勝・台場)で、例年の倍ほどにあたる200人以上のスタッフが動員されるなど、異例の警備態勢が敷かれることになった。

 本戦が行われる5、6日のチケットは各日約500枚がすでに完売し、ネットオークションにも出回る人気ぶり。主催側は十数席を“プチ増設”する予定だが、ゴールデンウイークのお台場には、連日のべ20万人以上が訪問するとあって、周辺の混乱も合わせて予想される。続きを読む

浅尾美和、ビーチは恒例の!?セクシー写真撮影


浅尾美和が試合に集中できない、ということで先日試合中の撮影禁止が報道されていたと思ったんですが、やはりそういうわけにはいかなかったようですね。写メール封じに、携帯の持込まで禁止は出来ないですし。浅尾美和のおかげで、ビーチバレー人気が高くなるのは結構なんですけどね・・・。

 ◆ビーチバレー ジャパンツアー第1戦(28日、愛知・新舞子マリンパーク) ツアー初優勝を狙う浅尾美和(21)、西堀健実(25)=ともにケイブロス=組は、準々決勝で楠原千秋(31)=湘南ベルマーレ=、佐伯美香(35)=ダイキ=組に0−2で敗れたが、敗者復活戦で藤原みか子(28)、駒田順子(28)=ともにフリー=を2−1で下し、ベスト4に進んだ。浦田聖子(26)、鈴木洋美(28)=ともにウィンズ=組は敗者復活戦で敗退した。

 シドニー五輪4位の佐伯とアテネ五輪代表の楠原のベテラン組に敗れ、背水の陣で臨んだ敗者復活戦。フルセットにもつれたが、最後は西堀のアタックで終了。浅尾は「相手に合わせてしまう自分たちの悪いところが出た」と反省したが、課題のブロックも決めて勝利を引き寄せた。続きを読む

浅尾美和、セクシー写真の流出で・・・


浅尾美和、ゲームに集中できないということで写真撮影の禁止令が出ました。スポーツ選手には異例ですよね。ゴルフの大会みたいになっちゃうんでしょうか。セクシー写真がダメなら、いっそセクシーじゃないユニフォームにしてみるとか。

ビーチバレー日本連盟が今季の国内大会「ファイテン・ビーチバレーJBVツアー2007」(27日開幕)で、客席でのカメラ撮影を禁止する異例の通達を出すことを決めた。

 昨季はグラビアで活躍する浅尾美和(21=ケイブロス)らを目当てに“カメラ小僧”がコートサイドに集結し、ネット上にセクシー写真が流出する騒動もあった。そこで「選手が集中できるように」(関係者)と撮影規制を決定。続きを読む
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。