リア・ディゾンに続く、ブレイクしそうなハーフといえば・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リア・ディゾンに続く、ブレイクしそうなハーフといえば


いまどきの芸能界 ブレイク寸前のハーフ美女たち
http://news.livedoor.com/article/detail/3082886/

リア・ディゾンのブレイク以来、ハーフに注目が集まっています。加藤美佳、小川瀬里奈、藤谷ナミィ、藤谷ナミィ・・・と続々ですが、加藤美佳もハーフというかクオーター?でしたね。仮面ライダー555、好きでした。

●ハーフ美女はなぜモテる?

古くは鰐淵晴子や山本リンダ、そういやゴールデンハーフというハーフ美女のグループもいたっけか。たしかに昔からハーフの芸能人はいたが、現在のように滝川クリステルや政井マヤ、山本モナなど報道の世界にまで進出することはなかった。

いまなぜ、ハーフがウケているのか?アイドル研究家の北川昌弘氏はこう分析する。

「かつては父親が進駐軍人だったりと、差別的な目で見られることが多かったハーフタレントですが、近ごろはそんな偏見もなくなり、お茶の間に受け入れられやすくなったのでしょう。逆に今は、ビジュアルの良さや外国語が話せる=知的ということで、憧れの存在。華があるので、テレビ局も使いやすいのです」

 ハーフといっても、売れている美女はみな日本人寄りの顔。いかにも“欧米かよっ!”なルックスはウケが悪いそうだ。

「やはり日本人は心の中に欧米コンプレックスを抱えているのでしょう。欧米文化に憧れながら、全面降伏はしたくないというプライドもある。そうした日本人男性の複雑な心理をうまくくすぐっているのが、いまのハーフ美女なんです」(北川氏)

 今後は中国やフィリピン系も増えそうだという。芸能界では一足先に国際化が進んでいるのだ。

Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。