沢尻エリカのぶち切れた原因ってコレ?・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢尻エリカのぶち切れた原因ってコレ?


沢尻エリカのブチ切れの真相がやっと明らかに。さもありなんと思えばそうも思えるし、今さら、と思えばやっぱ違うような気もしますが。沢尻エリカといえば超売れっ子ですから、ハンパじゃなくインタビューの数こなします。それがあまりにも多い質問ばかりなので・・・というものですが、どうなんでしょう。映画の舞台あいさつという晴れの舞台で、我を忘れてぶちきれる理由としてはちょっと。

さて、対談の話題は今回の新作主演映画「クローズド・ノート」に移るのだが、麻央さんはエリカ様に対し、07年9月29日の舞台で司会者がエリカ様に質問したのと全く同じ質問をしたのだ。「今回の映画で一番印象に残ったシーンは?」。舞台では「特にないです」とぶっきら棒に言い、 司会者が焦って、シーン全部に思い入れがあるということか?と再度訊くと、無視したアノ質問だ。麻央さんに対してエリカ様は柔和な表情で、「自転車に二人乗りしたシーンがあって・・」と話し出した。このシーンはワンカットで撮影され、それが面白くて印象に残ったのだという。

さらに麻央さんはエリカ様が出演者やスタッフにクッキーを焼いて差し入れしたエピソードを出した。舞台では、「別に!」と切り捨てるような一言しか言わなかった部分だ。番組では、

「撮影というのは大変な仕事で、作品を作っている仲間としての共通の目的意識があって、一緒に楽しむ時も共有するもの」
と映画作りのプロ意識を熱く語ったのだ。

全国8ヵ所を回り150本以上の取材を受ける
舞台とテレビの言動のギャップに驚かされるばかりだが、舞台はこの放送の収録の6日後。この間に何らかの心境の変化があったと推測できるわけだ。実は、07年9月23日というのは、エリカ様がクリエーターの高城剛さん(43歳)との「熱愛」報道後、初めて公の場に出た日だった。この日から「クローズド・ノート」や出演CMのプロモーションで全国を飛び回る。記者からは決まって高城さんとの関係を問われたがダンマリを決め込んでいた。

「ZERO」の放送では、今回の対談と舞台での発言があまりに違うことについて、「ご機嫌ナナメ・・・舞台挨拶の真相」としてこう説明した。

「全国8ヵ所を回り150本以上の取材を受けていた。何度も同じ質問を受けた後だった」
つまり、舞台ではエリカ様に対し再びまったく同じに近い質問ばかりされ、嫌気がさして不機嫌になった、というわけだ。
この日、「ZERO」には「クローズド・ノート」に出演した同番組のキャスターでもある女優の板谷由夏さんもいた。板谷さんはエリカ様についての感想を尋ねられ、この映画の撮影中に、エリカ様が焼いたクッキーを食べて美味しかったと言った後、

「今回の(エリカ様の)ことで、映画のことがあまり触れられないのが、私としては寂しい」
と怒りを滲ませた。テレビの対談でこれくらい話せるなら、なぜ舞台でも「堪えて」普通に主演女優を演じなかったのか、と訴えているようだった。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。