リア・ディゾン、アメリカに帰ってというのは・・・・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リア・ディゾン、アメリカに帰ってというのは・・・


リア・ディゾンなら彼氏がいないことの方が不自然とは、皆思っているはず。ただ、お相手が事務所関係者だったということが興ざめだったということでしょうか。しかし、リア・ディゾンはアメリカに帰った方がいいというのは、ちと極端かもですね。どちらにしても、リア・ディゾンにとって今回の「フライデー」は、ちょっと痛そうですよ。

“グラビア界の黒船”といわれ、来日からわずか1年で頂点に上り詰めたリア・ディゾン(21)。しかし、そろそろ母国アメリカに帰った方がいいかもしれない。

 日本のファンはリアの軽はずみな言動にガッカリして、徐々に距離を置き始めているのだ。

 まずは異性関係。これまでリアは好きなタイプの男性を聞かれると、「森山直太朗」と答えてきた。また、「欲しいもの」を問われると、「プリーズ彼氏!」とアケスケに口にしてきた。そんな奔放なリアに男性ファンは妄想を膨らませ、支持してきたわけで……。

「先日、フライデーがリアとリアの所属事務所の社長の息子の“マンション密会”をスッパ抜きました。事務所の社長は恋人関係を否定しましたが、同誌に“証拠写真”を押さえられているだけに、どうにも分が悪い。しかも、相手が事務所関係者というのはリアにとってマイナスです。ファンは『なーんだ、結局“身内”と付き合ってるのか』と興味を失いかけています」(芸能ライター)

 さらに最近、リアの様子がヘンだという。

「リアは歌手活動を中心にしたがっていて、グラビアの仕事に不満を募らせているんです。で、ちょっと前には“体調不良だから”という理由で、男性ファッション誌の表紙撮影をドタキャンしたとか。また、最近は会見の場でも肌の露出を控えることが多くなり、最新の写真集はこれまでよりもセクシーショットが減っています。ファンはガッカリです」(関係者)
 リアがタレント活動をめぐって事務所とも対立し、孤立しかかっているというウワサも流れている。

 ファンやスタッフを嘆かせている“黒船”は帰国して、戦略を練り直した方がいいのではないか。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。