土屋アンナ 映画「さくらん」でベルリンへ・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土屋アンナ 映画「さくらん」でベルリンへ


土屋アンナ主演で音楽は椎名林檎というすごいメンツ。
今年のベルリン国際映画祭は賞よりも反応が楽しみ。

 時代は江戸、舞台は吉原遊郭。

この世のものとは思えない程にきらびやかで、非日常的な世界の中で、自由を奪われ生きる花魁たち。
その中でひときわ異彩を 放つ遊女・きよ葉を演じるのは、モデル・女優としてだけではなく、ミュージシャンとしても独自の世界を築きつつあるアーティスト・土屋アンナ。

 2 月24日よりシネクイント他で全国公開となる、フォトグラファー蜷川実花の初監督映画「さくらん」。

今作が、2月8日から18日まで開催される第57回ベ ルリン国際映画祭の顔「オフィシャル部門」唯一の日本映画に選定され、2月9日に特別招待部門でオープニング上映されることが決定。

30日にはユナイテッ ド・シネマ豊洲にて、土屋アンナと蜷川監督を迎えて、ベルリン国際映画祭への出陣記者会見が行われた。

 土屋アンナが「8年前から実花 ちゃんのことは知っていたけど、初めての監督がこういうものを作ったんだ、この人は天才なんだ、と思いました。」と答えると、対する蜷川監督は「アンナ ちゃんは『実花ちゃんだからやる』と言ってくれたのが嬉しかった。」とお返し。

さらに土屋アンナは「私は普段あんなじゃないのに、実花ちゃんは綺麗に私を 撮ってくれた。実花ちゃんはこういう風に私を見てくれているんだなと感じた」と相思相愛のご様子。

また、同じアーティストの椎名林檎が音楽監督を務めたこ とについて、土屋アンナは「女性らしさが出ていて好き。花魁にはスピード感がないけど、椎名さんはそのスピード感を音楽で出してくれたし、助けてくれ た。」と答えた。

 最後に、蜷川監督は「知らないアンナをたくさん見た。アンナの演技にスタッフも魅せられてしまい、泣いてしまった」と 告白すると、「あとは、ベルリンでかましてくる!」と頼もしい発言。

土屋アンナは「この作品を観て、強く生きようと思ってくれたらいいな。ベルリンでは美味しい物を食べてきます。」と旅立ちの言葉を残した。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。