北乃きい ラブファイト公開で評判は・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北乃きい ラブファイト公開で評判は


北乃きい出演の映画「ラブファイト」がいよいよ公開ですね。早速観にいった方も多いのではないでしょうか。共演者として大沢たかおや桜井幸子と豪華メンバー。大沢はプロデューサーとしても参加しています。ストーリーは元々まきの・えりの小説「聖母少女」が原作。

俳優の林遣都(17)と女優の北乃きい(17)が15日、東京・新宿バルト9で主演映画「ラブファイト」(成島出監督)の初日舞台あいさつに立った。

 いじめられっ子が強くなるため、男勝りの女の子とボクシングに挑戦するうち、互いの恋心に気付くストーリー。林と北乃は、トレーナー役の大沢たかお(40)を相手にミット打ち。林は抜群の運動神経でパンチを連発した。林は「(北乃の)サンドバッグを打つ音が衝撃。当たったらまずいと思った」と撮影を振り返った。
 また北乃はこの日、ブログで8月に祖母が末期の胃がんで死去していたことを告白。「母がいなかったので私にとっては母親のような存在でいつでも私の味方でした」とつづっている。

北乃きいにお母さんがいなかったというのは知りませんでしたね。お祖母さんは残念でしたが、ますます元気に頑張って欲しいと思います。ラブファイトの評判、これからですね。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。