松嶋菜々子 ダウン!?・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松嶋菜々子 ダウン!?


松嶋菜々子、潜在視聴率ランキングで8位にダウン

女優の通信簿”といわれる「潜在視聴率ランキング」の最新版が注目を集めている。
「潜在視聴率」とは“その女優が番組に出演することでアップするであろう視聴率”で、その女優の現在の商品価値を表している。数年前に広告代理店数十社がリサーチ会社に依頼して作らせたのが始まりで、広告業界やテレビ業界がキャスティングなどの参考にしている資料である。

 その最新版でまず目をひくのは、長らく視聴率女王としてトップに君臨していた松嶋菜々子が陥落したことだ。最近の松嶋は連ドラ出演を控えている上に、映画「犬神家の一族」も興収10億円前後と苦戦している。8位まで後退したのも無理はない。

「もっとも、推定年収は1億3500万円でランクインしている女優の中ではトップです。特別出演しているTBSのドラマ『花より男子2』も好調だし、CM本数も5本を維持している。順位は落ちても視聴率の女王の威光はまだ健在ですよ」(マスコミ関係者)

 その松嶋に代わってトップに躍り出たのが、仲間由紀恵だ。

仲間は昨年の大河ドラマ「功名が辻」(NHK)の平均視聴率20%超えに貢献。放送中の「エライところに嫁いでしまった!」(テレビ朝日)も平均14%前後と健闘している。完全に“仲間ブランド”が出来上がっているといっていい。

 絶好調の仲間を追いかけるのが篠原涼子と天海祐希。だが、2人は明暗クッキリだ。篠原は「ハケンの品格」(日本テレビ)が好調で、4回目でついに20%を超えた。一方の天海は「演歌の女王」(日本テレビ)が平均視聴率1ケタ台と大苦戦。今後の順位にも影響が出そうだ。

 若手女優のトップ争いを繰り広げている長澤まさみと沢尻エリカは、ランキングでもガップリ四つ。

「潜在視聴率、年収ともまったく同じ数字なのは、テレビ局や代理店の中でも2人をライバルとして扱っているということです。両者を刺激しないように、しばらくは横並びにして様子を見る状況が続きますよ」(マスコミ関係者)

 人気女優の激しいバトルから目が離せない。

(引用:ライブドアニュース

Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。