葉月里緒奈、魔性復活 ?・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉月里緒奈、魔性復活 ?


葉月里緒奈、3年半ぶりの復活。映画です。

 ママになっても、美貌に衰えはない。むしろ大人の妖艶さをかもし出している。

葉月里緒奈、31歳。映画「叫(さけび)」(黒沢清監督)で3年半ぶりのスクリーン復活だ。役どころの幽霊は、ゾクッとするほど妖気が漂う。私生活では、かつての“魔性の女”が親バカになっていた!

 ここまで変わるか!って思うほど葉月の目が、瞳が緩んだ。“魔性”は消えていた。
 「娘がいない生活なんて考えられない 世の中にこんなに愛おしく思えて、楽しい時間があったんだって。29歳で産んだけど、何で29年間、こんな楽しみを知らずに生きてきたんだろうって…」

 2歳3カ月になる長女への溺愛発言。極めつけは、これだ!
 「この前、2人でお風呂に入っていたんです。フーッと頭に『秋桜(コスモス)』が流れてきたんです」
 さだまさし作曲、嫁ぐ娘をテーマにした山口百恵さんの名曲である。

 「想像したら涙が止まらなくなって、娘が嫁いでいく日のこと…。そんなの絶対イヤッ!って。父親の気持ち? いえ、私、絶対に嫁に出しません。芸能界なんか…。もうバカ親ですネ」

 顔中から笑いがこぼれる。目の細め方は半端じゃあない。結婚、別離、休養…。葉月の人生は波乱に満ちていたが、たどり着いた答えは女優、仕事人の目はその時、キリッとしていた。「役柄に感情移入ができる作品って大切ですよね」。

 3年半ぶりのスクリーン復帰に選んだのは黒沢清監督の作品だった。いまや“新・世界のクロサワ”として「CURE キュア」(97年)、「カリスマ」(99年)、「ドッペルゲンガー」(03年)など海外で高い評価を受けている監督だ。今回、葉月が「叫(さけび)」で演じるのは赤い服の“幽霊役”だ。

 「この幽霊って感情がちゃんとあるし、セリフもある。1人の女性として演じられましたね。ええ、やったことのないお化けとか、汚れ役を演じたかった…」
 花魁、女忍者、女給…これまで葉月の演じた役は妖艶でピュアな感があったが、この幽霊、「ゾクッとするほど妖気が出てたネ。彼女しかいない」と黒沢監督が抜擢したのも分かる。

 殺人事件を捜査する刑事(役所広司)が、身に覚えのない幽霊に怯えて導かれるまま過去の真実にたどり着く。人間の複雑な心理状態を描く黒沢監督初の本格ミステリーだ。共演に小西真奈美、伊原剛志、オダギリジョー、加瀬亮と多彩だ。

 「出演作品って、客観的に見られないけど、コレは違った。怖いんですよ、赤い服の私が。だから、よかったんじゃないかと」。昨年ヴェネチア国際映画祭で絶賛された。今年、アカデミー賞の助演女優賞に菊地凛子がノミネートされたことで、葉月の世界への夢も拡がる。

 中、高校時代の6年間、米国のシカゴに住んでいた。言葉に不自由はない。「魅力ありますよね、頑張ろうって思っちゃいますよね」。“ママ葉月”から強さがにじみ出ていた。
 「叫(さけび)」は、24日から東京・シネセゾン渋谷ほかで全国公開。

 はづき・りおな 女優。1975年7月11日、東京都生まれ。93年にドラマ「丘の上の向日葵」(TBS系)で葉月里緒菜として女優デビュー。ドラマ、映画で“魔性の女”とも言われる妖艶な魅力を発揮した。98年にはハワイ在住のすし職人と結婚し、3カ月で離婚。2004年2月、里緒奈に改名。都内の男性と再婚し、同年11月7日に長女を出産した。

(引用:iza β版
Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。