小泉麻耶 女子高生亀甲縛り写真集 その真相。・芸能 アイドル グラビアアイドル 動画 女優 映画 ドラマ情報など、アイドルお宝情報を紹介しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉麻耶 女子高生亀甲縛り写真集 その真相。


小泉麻耶。知名度が今、うなぎ登りのグラビアアイドルですね。
発表の写真集亀甲縛りのカットがはいっているとかいないとか。

おそらく2ちゃんねる発だと思われますが、ネタ考えるのうまいっすね。爆笑しました。

小泉麻耶といえば、今回の騒動ではじめて耳にした人も多いのではないでしょうか。
コトの顛末は以下に。お約束?のブログ炎上中だそうです。

18歳グラビアアイドル 名門女高退学騒動で「炎上」

「名門」として知られる桐朋女子高校に通っていたタレント(18)が水着写真集を出版したとして、退学処分を受けた。それに対して、タレント側は処分の無効確認を求めて提訴、学校側も全面的に争う姿勢だ。このタレントのブログには訴訟を巡って賛否両論が殺到、半ば「炎上」状態だ。そんな状況でも、「ファンの方々にはご迷惑・ご心配をおかけしてしまってごめんなさい。。。」と、ブログの更新を続けるなど、冷静な対応が続いている。

 渦中にあるのは、グラビアアイドル小泉麻耶さん(18)で、「東京スポーツ」が2006年10月26日に1面トップで報じた「厳罰名門女子校 女子高生アイドル 退学処分」という記事が騒動の発端だ。

   記事によると、小泉麻耶さんは05年末にスカウトされ、06年7月に写真集「現役女子高生」でデビューした。この写真集の存在が学校側に知られ、9月21日には学年主任から

「こういうの(写真集)、学校ではダメっていうの知ってたでしょ?明日からは自宅謹慎しなさい。グラビア活動をやめて学校に残るか、それとも学校やめてグラビアをやってくのかどっちにしますか?」と宣告された。その後、校長から求められて反省文を提出するも、10月18日に「学校の指導方針を大きく逸脱する行為があった」と書面で退学を命じられたという。小泉さんは中学1年から5年半この学校に通っており、卒業を半年後に控えての処分だった。

  06年の段階では、この処分を伝えたのが「東スポ」だけだったが、その後、小泉さん側が処分の無効確認を求める訴訟を起こしたことで、騒動が拡大することになった。

07年2月14日、第1回口頭弁論が東京地裁八王子支部で開かれ、学校側が全面的に争う構えを示したのだ。小泉さん側は「生徒に交付される『学校生活の手引き』には、芸能活動を禁止する項目はなく、こうした方針は事前に知らされていなかった」という主張したのに対して、「芸能活動の禁止は、毎年入学時に生徒、保護者に周知させてきた」とする答弁書を提出、対決姿勢を示した。

   さらに東スポでは、

「中学のころから彼女の名前は、校内でトラブルがあった時に何度か耳にしたのを覚えています。(略)いきなり退学処分にした訳ではありません」との学校担当者の言い分を伝えている。

「仕事も順調で、映画の主演も決まりました」

   東スポが続報を書くのはもちろん、夕刊紙「夕刊フジ」や一般紙である読売新聞もこの訴訟を報じたことで、この訴訟の存在が広く知られることになり、小泉麻耶さんのブログにもコメントが殺到するようになった。2月13日の記事に対しては、2月16日16時半現在で約870のコメントがついている。内容はというと、

「めげずに自分を信じて頑張ってください!応援してます!」
「ここは麻耶ちゃんを応援するところだよ 応援したくない人は来なければ良い 帰れ、某匿名掲示板群へ帰れ」
   という、小泉さんに対して好意的なものから、

「なぜ訴訟を?逆ギレ行為じゃないの?知ってて芸能活動してりゃそうなること位わかるでしょうがアンタ…」
「裁判起こしたおかげで、ブログ大ヒットおめでとうございます!名前が売れて良かったですねー ファンとして売名できてとても嬉しいです!」
   と、小泉さんを皮肉混じりに批判する声とが半々だ。

   そんな状況でも、小泉麻耶さんは2月15日に「皆様お騒がせしました」というタイトルで、以下のような落ち着いたコメントを残している。

「記事の件に関しては以前にもファンの方たちにはお伝えしてますのでコメントは控えさせていただきます。今は仕事も順調で、単館上映の映画の主演も決まりました。これも日頃応援してくださっているファンの方々のおかげです」

(引用:ライブドアニュース

Copyright © 芸能 グラビア アイドルお宝情報ブログ☆ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。